人気記事一覧 練習・検証

実はFXは練習することで上手くなれます!

2022年9月6日

実はFXは練習することで上手くなれます!

こんにちは、りゅうです。
(※詳しいプロフィールはこちら

今回は、

実はFXは練習することで上手くなれます!」

を紹介します。

私は、FXを始める前とFXを始めた後では、FXに対する印象が180度変わりました。

以前、FXと聞くとギャンブルの印象が強く、ずっと当てものだと思っていました。

そして、知識を学ぶことで値動きが予想できるようになり、勝てるようになると思っていました。

また、練習することで上手くなれるという認識がそもそもなく、本番のリハーサルには各FX会社が提供しているデモトレードをやる程度で良いと思っていました。

そんなある日、ネットのブログで練習の重要性を説いているプロトレーダーの方がいて、その方のおかげで運よく練習の重要性を知ることが出来ました。

しかし、練習の重要性を知ったとはいえ、なかなか練習ソフトを購入する覚悟には至りませんでした。
理由としては練習ソフトは無料のものがほぼ皆無で、有料のものはそのほとんどが、高額だったからです。

というのも、それまでFXの教材と言えば無料のものが多く、ネットやYouTubeなどで学べていたのが影響したからだと思います。

わざわざ高いお金を払ってまで練習ソフトを買う気にはならず、一歩が踏み出せずにいました。

今考えてみると、とても無駄な時間でした。
直ぐに買っていればよかった。(笑)

今となっては練習ソフトは、FXをやる上での必須ツールであり、これなしで勝てるようになれるはずがないと言い切れるほどです。

たとえば、練習ソフトがない状態とは、料理人を目指しているのに包丁を持っていないというのと同じ状態と言えます。

勝ち組に入るために必須のツール

\公式サイトから無料トライアル版もダウンロードできます。/

 FXを始める前の間違っていたイメージ

値動きは予想するものと思っていた

値動きを事前どちらの方向に行くのか予想することがテクニカル分析だと思っていました。

そして、その予想した方向にエントリすることができれば、それだけで勝ち続けられると思っていました。

知識を学べば、それだけで勝てるようになると思っていた

書籍やブログ、動画をたくさん見て知識を学んだあとは、いきなり自己資金をぶっこんでトレードを始めればいいと思っていました。

また、学んだ知識は直ぐに実践で使えるものと考えていました。

 FXを始めた後にわかったこと

テクニカル分析は方向を知るために使うもの

テクニカル分析は方向を知るために使います。
決して方向を予想するために使うのではありません。

値動きの方向を知るために使うものです。
私たちは相場の奴隷とも言えます。

方向がわかればその方向に乗っかっていくことが出来るだけです。

 安いところで買って高いところで売る

テクニカル分析によって方向がわかったとしても、直ぐに方向転換してしまう場所で買っていては勝つことはできません。

できるだけ、方向が長く続きやすい場所で、底から拾っていくことが必要になります。

フォレックステスター6

\公式サイトから無料トライアル版もダウンロードできます。/

FXは練習することで上手くなれるということを知った


テクニカル分析を用いて環境認識の把握

練習ソフトでの練習において、練習のメインになるのがマルチタイムフレーム環境での環境認識の把握だと思います。

マルチタイムフレームとは日足(週足・月足)、4時間足、1時間足、15分足などの異なる時間足において、チャートを同時に把握できる環境のことです。

これらの異なる時間足から複合的に考えて、最も優位性の高いポイントを考えます。

ただ、方向が分かればどこでも買っていけるというわけではないので、できるだけ底値から買っていけるポイントを探します。

直ぐに買っていくというわけではなく、今後の値動きで、こうなったら買うというポイントを事前に探しておくのです。

そして、シナリオ通りになれば買っていけば良いですし、、シナリオ通りにならなければ買わなければ良いということです。
あくまで予想ではなく、値動きについて行くというスタンスを取ることが大事です。

値動きに対処する方法を学ぶ

練習ソフトでは環境認識の把握に加えて、エントリ、損切り、利益確定の練習もする必要があります。

エントリポイントは、逆行しにくく伸びやすい場所を探すことが必要になりますし、損切りは簡単には狩られにくく、そこを超えたらポジションを持っている理由がなくなるという場所に設定する必要があります。

また、利益確定をするための練習はとても難易度が高く、上位足の節目到達で半分のポジションを決済、執行足での決済ラインを上げていくタイミングなどを学びます。

また、値動きには急騰急落やチャートパターンの出現などで一定の習性が見られるため、これらも覚える必要があります。

トータルで勝てばいい

FXは優位性の高いポイントを探し、そのポイントでエントリと決済を繰り返し、勝ったり負けたりしながらも最終的にトータルで利益を残すことを目指すゲームです。

ですので、まずは練習ソフトを使って、年など一定期間においてトータルプラスの経験を何度も経験し、自信がついてからリアルトレードに移行するのがプロトレーダーの常識となっています。

勝ち組に入るために必須のツール

\公式サイトから無料トライアル版もダウンロードできます。/

あわせて読みたい
あわせて読みたい
まとめ記事

未経験からFXトレーダーになるための4ステップでは、未経験からFXトレーダーになるためにやるべき事を順番に並べて記事にしてみました。金融商品としてのFXの魅力や国内業者、海外業者による違い、マルチモニターについて詳しく解説しました。
トレードに必要な知識の習得と練習君プレミアム、海外FXのXMについても紹介しています。

-人気記事一覧, 練習・検証
-, , , , , , , , ,